WordPressのプラグイン Google XML Sitemapsのエラー解決方法

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールした後の作業としては、「Search Console」のサイトマップに登録しなければなりません。

 

サイトマップの登録方法は、「Search Console」の左側にあるダッシュボードの「クロール」からサイトマップを選択します。

 

すると、右上のところに「サイトマップの追加/テスト」のボタンが表示されているので、そこをクリック。

 

クリックすると、登録するドメインの横に入力する空欄が現れますので、そこに「sitemap.xml」と入力します。

 

入力が終われば、「テスト」、「送信」、「キャンセル」のボタン並んでいるところから、送信を選択してクリックします。

 

送信後に「アイテムを送信しました。ページを更新する」とメッセージが現れますので、「ページを更新する」のところをクリック。

 

あとはサイトマップの処理日のところが「保留」になってればひとまず完了で、時間の経過と共に保留からサイトマップの処理日に変わります。

 

本来なら、この作業で上手くいくのですが、「保留」にならずエラーが表示されることがあります。

 

そこで今回は、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で、エラーになった場合の解決方法について詳しく説明します。

WordPressのプラグイン Google XML Sitemapsのエラー

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」をインストールしている人は多いと思います。

 

しかし、中にはエラーとなって困っている人も多いようですね。

 

私も先ほどの説明どおり、保留にならずにエラーが表示されて困ったことがありました。

 

そのときは何回やってもエラーばかりだったので、原因をネットで調べてみることに。

 

すると同じ現象の人が結構いたのと、解決策も載せてくれていたのを発見。

 

参考にさせてもらうと、無事保留になったので、その方法をお伝えします。

Google XML Sitemapsのエラー解決方法は古いバージョンに戻すかパスの変更

WordPressに使用するプラグイン「Google XML Sitemaps」は、4.0以降のバージョンから不具合がおこっているとのこと。

 

なので、エラーの解決方法としては、古いバージョンに戻せばよいということでした。

 

ちなみに「Google XML Sitemaps」のバージョンは、4.0バの前は「バージョン3.4.1」です。

 

このバージョン「バージョン3.4.1」に戻すことで不具合が解決するみたいだったのですが、私はこの方法が少し面倒だったので、もうひとつの解決策を取ることにしました。

 

その方法は、ドメインの横の空欄に「sitemap.xml」と入力せずに、「index.php?xml_sitemap=params=」と違うパスを入れる方法です。

 

もう一度繰り返しますが、今回の解決策は、当初、入力していた「sitemap.xml」を「index.php?xml_sitemap=params=」に変えるだけです。

Google XML Sitemaps 画像

Google XML Sitemaps 画像

あとの手順に関しても、従来どおりのやり方でOK。

 

そうすると簡単にエラーが解消され、保留になってその後反映されます。

Google XML Sitemaps 画像

Google XML Sitemaps 画像

こちらの方が前のバージョンに戻すより、簡単で手間もかかりませんので、エラーで困っている人は一度試して見てください。

 

ここでもう一度おさらいをしておきますと、「sitemap.xml」で作成したエラーのサイトマップはいったん削除しておきます。

 

新しく「index.php?xml_sitemap=params=」でサイトマップを登録するには

 

・左にあるダッシュボードのクロール⇒サイトマップ⇒右上のサイトマップの追加/テスト。

 

・四角い空欄にindex.php?xml_sitemap=params=と記入して⇒サイトマップを送信をクリック。

 

・「アイテムを送信しました。ページを更新する」の「ページを更新する」をクリック。

 

以上が「Search Console」のサイトマップがエラーになる場合の解決方法でした。

WordPressのおすすめ プラグイン Google XML Sitemapsの使い方

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」は、サイトマップを自動で生成してくれるのでおすすめです。

 

また、記事を更新し、サイトマップが生成されると自動で検索エンジンに通知してくれます。

 

この「Google XML Sitemaps」が何故、おすすめのプラグインなのかと言うと、インストールしたら検索順位が20位程上昇したからなのです。

 

「Google XML Sitemaps」を使うまでは、有名な「All in One SEO Pack」をインストールしてサイトマップを生成していました。

 

ですが、こちらのプラグインでは狙ったキーワードで中々検索順位が上がらなく、30位~40位を行ったり来たり。

 

All in One SEO Packをインストールすれば、少しでも検索順位の上昇が見込めるかと思いましたが、あまり変化が無かったのです。

 

そこで試しに、「Google XML Sitemaps」をインストールしてみると、記事を更新した途端に10位~20位のところまで順位が上がってくれました。

 

上昇したのは元々の順位が低かっただけかも知れませんが、そこそこの順位でも「Google XML Sitemaps」の恩恵は少なからず得られると思います。

 

なので、まだインストールしていなければ、一度試してみて下さい。

 

ちなみに似たような名前のプラグインで、「PS Auto Sitemap」というのがあるのですが、こちらのプラグインはブログの訪問者にどんなコンテンツがあるのかを知ってもらう為のサイトマップ生成プラグインになっています。

 

くれぐれも間違わないように気をつけて下さいね。

Google XML Sitemapsのインストール

ここからは、おすすめのプラグイン「Google XML Sitemaps」の使い方について、説明します。

 

まずは、プラグインをインストールして下さい。

1・WordPressのダッシュボードのプラグイン⇒新規追加⇒検索欄にGoogle XML Sitemapsと入力

 

2・表示されたら、いますぐインストールをクリック

 

Google XML Sitemaps 画像

 

3・インストールされたら有効化する

Google XML Sitemapsの設定

「Google XML Sitemaps」をインストールして有効化したら、次は設定を行います。

1・ダッシュボードの設定⇒XML-Sitemapをクリック

 

始めはこのように「検索エンジンはまだ通知されてません」と出てきますが、記事を更新すると表示が「Googleは変更について正しく通知されました、Bingは変更について正しく通知されました」に変わります。

Google XML Sitemaps 画像

2・基本的な設定はデフォルトのままで大丈夫です。

GoogleとBingに通知されるので早くインデックスされるようになります。

Google XML Sitemaps 画像

3・投稿の優先順位とSitemapコンテンツについてですが、投稿の優先順位はデフォルトでコメント数になっていますので、「優先順位を自動的に計算しない」に変更して下さい。

自動的に優先順位が決められないようにしておくのがおすすめです。

Google XML Sitemaps 画像

4・Sitemapコンテンツは重要なページをサイトマップに掲載し、検索エンジンが不要なページに見に行かないようにすることが出来るので、重要な項目にチェックを入れておきます。

 

5・含めないカテゴリーは、カテゴリーの中でサイトマップに掲載したくないものがあればチェックを入れることで掲載させなくすることが出来ます。

Google XML Sitemaps 画像

6・更新頻度の設定は更新頻度を検索エンジンに知らせることが出来ます。

メモとして書いてあるように更新頻度の設定通り検索エンジンがクロールしてくれないかもとしているので、あまり神経質に設定をしなくても大丈夫です。

重要なページの項目だけ設定しておくと良いでしょう。

Google XML Sitemaps 画像

7・優先順位の設定は、先程のように更新頻度で設定した重要な項目を高めに設定しておきます。

Google XML Sitemaps 画像

8・最後に設定を更新をクリックして完了です。